ものQ日記

アラサーフリーター女の冴えない日々。

統合失調症とか悟りとか。

※私は統合失調症について、全く詳しくない。
ネットで聞き齧った程度であり、身近な人に統合失調症の人はおらず、実際の当事者に会ったこともない。
テレビで見たことがある程度である。
気分を害された方がいたら、本当に申し訳ない。
私に誤った認識があるようだったら、指摘していただけると、とてもありがたい。



統合失調症は現在、精神疾患として扱われている。

ネット上では、統合失調症の話題が出ると冗談っぽく「頭にアルミホイル巻かないと」なんて茶化すコメントがつくことがある。
統合失調症になった人は"思考盗聴されている"とか"脳が電磁波に攻撃される"と言って、頭にアルミホイルを巻く人がいる」という話から来ている。

私はこの話がとても興味深いと思った。

全く関わりのない、知識のない人々が、ある特定の疾患になると同じことを考えて行動するというのはとても不思議である。
それも、身体的な症状ではなく「思考」に関わり、ある種の積極性があるというのが気になった。

ネットで患者の人々の体験談を読んでいると、その中である種、脳のリミッターが外れて、悟りをひらいたような状態になる人が一部いるようだ。

ネットで体験談を読んでいて、複数人が語っていた話がある。

ある時、自分の意識だけが幽体離脱のように肉体から離れ、第三者視点で上から自分の肉体を眺めた後、ものすごい勢いで宇宙まで引き上げられ、さらにその外側へ引き寄せられる。
宇宙の外まで辿り着いたとき、この上ない幸福感に満たされ、光に包まれ、空間に「自分」が溶け出すような感じがして、「ああ、ずっとこのままでいたいな」と思う。
そこで、不意に何者かの声に声を掛けられる。その声は優しく、脳に直接響くもので、言語ではなくテレパシーで「みんな同じ。みんなはあなた。あなたはみんな。」的なことを伝えてくる。
そして「戻りなさい」と最後に告げられて、急に肉体にまた戻される。

というような話。

これはスピリチュアルの「ワンネス」に通じるものを思い起こさせる。


統合失調症になった画家が描く猫の絵が症状の悪化と共にどんどん変化していく、という話は有名である。
始めは普通だった可愛らしい猫の絵もどんどん猫とは言えない恐ろしいものになっていく。
しかし、最後の絵を見ると何処と無く、曼荼羅に似ている気もする。
ひとつひとつの要素に命や意思があり、それが空間に溶け出して、世界を作り上げている様がよく伝わってくる。

世界的有名画家の草間彌生の作品の黄色いカボチャの模様は、量子力学の二重スリット実験で浮かび上がる縞模様に何処と無く似ているような気がする。
たぶん気のせいだとは思うが、世界的な画家の絵なので評価される理由がそういうところにあるのではないかと考えたり。

先日、自殺未遂をした人のブログを読んでいたら、記憶が飛んだり言葉や状況の理解が難しくなったりする一方で、以前に(暗記を目的とせずに)読んだ漫画の数ページ分を頭の中で読み返していたとのこと。

もしかしたら、人は一度見たり聞いたりしたものは、全て頭の中に保存していて、パソコンのメモリーのように定期的に「忘れたことにしている」のかもしれないと思った。

煩悩や未練がある状態で悟りをひらきそうになるの脳のキャパが耐えきれなくなってしまうのではないかと思う。
薬物を使用して、普通の生活が難しくなるのもそんな理由ではないか。
だから、悟りをひらくためには修行や瞑想をして己の煩悩に気付いて、除くことが必要なのだと感じた。
そんなこと、少しでも悟りに興味のある人なら分かるのかもしれないが私はやっと気付いた。

脳のリミッターが外れると、ものすごい集中力を発揮することができて、そういうときにスポーツで言う「ゾーン」に入るのだろう。

時間の感覚がなくなり、たった一瞬の時間がとても長く感じるようになるというのは聞いたことがある。

まだまだ分からないことはたくさんあるし、間違っていることも沢山あると思う。
私はこれから色々調べてみるつもりだ。

ここまで読んでくださって、ありがとう。

では、また。