とりあえずルールを守りたがる人。

決められたルールをやたらと守りたがる人がいる。


倫理的な面や安全面において、問題が生じない場合は特にルールを重視しない私にとっては理解しがたい人種である。

(まあ、向こうも私のことを「いい加減な人間だ」と思っているだろうことくらいはさすがに予想がつくが。)


そういう人とは職場で出会い、衝突することが多い。

プライベートな関係なら、ぶつかる前に避ければいいだけだ。


彼らは「ルールを守っていれば、問題ない」と思っているようなのだ。


つまり、日々はいつも同じように過ぎて行き、同じようなトラブルしか起こらないと思っているようなのである。


だからこそ、数値や決まりにそって、やるべきことをこなすことだけに注力するのだろう。


彼らの気持ちの根底には「認められたい」「バカにされたくない」「怒られたくない」がある。

もし、何か起こったとしても「だって、ちゃんとやったもん」と言い訳が出来るようにしてあるのだ。


もちろん、「言い訳」は自らの上司にするのだ。


ある種、平和な世界が前提になっているため、彼らはルールを守ることを最優先として、それを守れない者を見下し、吊し上げるのである。


「想定内」の中でベストを尽くして、完璧にこなすというのが、彼らの「仕事」なのだ。


彼らは自分たちが常に「守られている」前提で、過ごしている感じがする。

きちんとした組織に属していれば、そうやって働くことは悪くないだろう。


しかし、彼らは「想定外」に弱いのではないかと、私は感じている。


つまり「言い訳」をする相手がいないような出来事が起こった時にどうするか?ということを考えていないように思えるのだ。


彼らの秩序が乱れた瞬間、彼らは物差しを失って、全てを投げ捨てて擦りつけて逃げ出すのではないか、という気がする。


それを所謂、「平和ボケ」と言うのだろう。


まあ、私みたいな人間が指摘したところで、人生を順調に生きてきた「まとも」な人々には何も伝わらない。

それは、仕方のないことだけれど、虚しくも感じる。


今日はこんなところだ。

では、また。