言われやすい人、をやめる。

言われやすい人、というのがいる。


私もそうだ。


キツめの冗談を言われてもヘラヘラしながら、かわしてしまう。


自分では平気だと思い込んでいるので、そうしているのだがある瞬間に、深く傷ついていることに気付く。


しかし、その頃には「いじられキャラ」的なものが成立しまっていて、言われることを拒否できなくなっている。


勇気を出して拒否したとしても、何故かこちらが「冗談の通じないつまらない奴」として扱われ、

周囲は反省することもなく、以前通りの態度を取り続ける、あるいはさらに悪化する。


ネットで調べると「言われやすくしているあなたが悪い」という結論を出している鬼畜な記事が時折出てくる。

きっと、書いている人も知らないうちに加害者側に回っていることに気付けていないのだろう。

現在進行形でイジられている人がその記事を読んだらどんな気分になるか、考えていない。

もしくは、あらかじめ人を傷つけるために記事を書いているか。

後者ではないと信じたいが、そればかりは分からない。


私が言いたいのは、そういうことではなくて、「言われやすい人」の身近にはきっと「言いたくなっちゃう人」がいるということだ。


彼らは大前提として、「言いたくてたまらない」のだ。


人より優れているという自信がなくて、甘えたくて、不安で、不満で、誰かにその気持ちをぶつけたくて…。


そういう気持ちを発散するために、言いたい放題言える相手を探している。


たまたま「言われやすい人」に遭遇したら「チャンス!」と言わんばかりに言いまくる。


言わせてくれる人に言いまくっているうちに、「これくらいなら許される」と勘違いする。


仲良くもないし、信頼関係もないのに、やたらといろいろ言ってくるめんどくさいだけの人は

相手が不快に感じ、言われる筋合いがないと感じていることに気づかない。


知らず知らずのうちに「言われやすい人」は「言いたくなっちゃう人」を甘やかしている。

ワガママなお子ちゃまのお守りをしている状態だ。

これは性別、年齢、社会的な立ち位置等、関係ない。


そして、ある日突然、言われる人に限界が来て「もうやめて」と拒否したとすると、拒否された方は傷付いてしまう。

甘えられなくなってしまうから、いじけてしまうのだ。

まあ、言われ続けて散々傷付けられた方からすればかなり迷惑な話ではあるのだが、そうなのだ、たぶん。


しかも、「言いたくなっちゃう人」は割と社会的にはしっかりしている人(特に男性)だったりするので、タチが悪い。


甘えている自覚のない人に指摘すると逆ギレして、あることないこと嫌なことを言って傷つけようとしてくる。

容姿とか相手の社会的な劣っている部分とか、個性とか、とにかく攻撃する。


下手したら社会的地位を利用してお説教してくることもある。

でも、そんなお説教も結局は「なんで甘えさせてくれないんだよう!バブー!」という訴えなので、無視する。


こちらからすれば「知らんがな」の極みである。


甘えたい人は、自分に甘えるか甘やかしてくれる人を探すしかないのだ。

嫌がっている人を無理矢理引きずってきて、いじめるのはアウトだ。


「言われやすい」ということで悩んでいる人、以上を踏まえて、改めて考え直して欲しい。


環境というのは非常に重要で、相手をバカにしたり下げたりするようなことが許されている雰囲気が漂う現場は、本来の機能を果たしていない。

さっさと違う場所に移ることをお勧めする。


自分の感覚を頼りにした方がいい。

その環境に染まってしまった人々の言葉はゾンビの譫言である。


今日はここまで。

心の折れる音が聞こえた。

メンタルは強い方ではない。

それは、自分でも、分かっている。


それでも、あんなに明確に、自らの心が折れる音が聞こえるとは思っても見なかった。

もちろん、心は物理的に折れたりその音が聞こえたりはしないのだが、明らかに質感があった。


ヒビの入った、太い、私の「精神の柱」みたいなものが鈍く「ボキッ」と音を立てて、折れた。


たぶん。


折れた2つを繋げようとしても、くっつかない。

気合いだけで取り敢えず、くっつけた状態で固定しているが、力を抜いたらまたボッキリ折れて離れてしまう。


そんな感じである。


でも、そうなったら全てに期待をしなくなった。


「ああ、もうダメだ」と諦めがついた。


ここ最近の消耗していた自分は、周囲の人間に期待しないと言いつつも、

結局は心のどこかで期待をしてしまっていたからこそ、失望して気力を無駄遣いしていたのだ。


なんと、もったいないことをしたのだろう。


ここ数ヶ月、やたらと疲れている自分に気づいてはいたが、仕事自体、客観的に見れば

体力的に楽になってきているはずだったので、「年齢か?」とあまり深く考えずにいた。


しかし、よく考えてみたら、本も映画も頭に入らないし、出かける気も起こらない、

近所で買い出しに行っては家でひたすら食べて寝ているだけ。


やたらと食べて寝ることが多くなり、自らの怠惰な性格のせいだと自己嫌悪に陥っていたが、ストレスのせいであると気付いた。


ストレスの原因は様々であるが、結局、私が他人に期待しすぎていた、ということだ。


相手の能力を買い被りすぎていた。


違和感は積み重なっていたが、気にしないようにしていた。

しかし、無視できなくなって、ある日突然全てがたたみかけてきて、やっと気付くことができた。


私の心は折れたけれど、それは私のメインの心ではなく「社会適合用」の心の柱なので、一時的に補強して騙し騙しやっていこうと思う。


もう、気付けたので他の柱をメインにして大事にしつつ強化することにした。


結局、最終的に信用できるのは自分だけだし、納得できればそれでいいのだと思う。


では、また。

とりあえずルールを守りたがる人。

決められたルールをやたらと守りたがる人がいる。


倫理的な面や安全面において、問題が生じない場合は特にルールを重視しない私にとっては理解しがたい人種である。

(まあ、向こうも私のことを「いい加減な人間だ」と思っているだろうことくらいはさすがに予想がつくが。)


そういう人とは職場で出会い、衝突することが多い。

プライベートな関係なら、ぶつかる前に避ければいいだけだ。


彼らは「ルールを守っていれば、問題ない」と思っているようなのだ。


つまり、日々はいつも同じように過ぎて行き、同じようなトラブルしか起こらないと思っているようなのである。


だからこそ、数値や決まりにそって、やるべきことをこなすことだけに注力するのだろう。


彼らの気持ちの根底には「認められたい」「バカにされたくない」「怒られたくない」がある。

もし、何か起こったとしても「だって、ちゃんとやったもん」と言い訳が出来るようにしてあるのだ。


もちろん、「言い訳」は自らの上司にするのだ。


ある種、平和な世界が前提になっているため、彼らはルールを守ることを最優先として、それを守れない者を見下し、吊し上げるのである。


「想定内」の中でベストを尽くして、完璧にこなすというのが、彼らの「仕事」なのだ。


彼らは自分たちが常に「守られている」前提で、過ごしている感じがする。

きちんとした組織に属していれば、そうやって働くことは悪くないだろう。


しかし、彼らは「想定外」に弱いのではないかと、私は感じている。


つまり「言い訳」をする相手がいないような出来事が起こった時にどうするか?ということを考えていないように思えるのだ。


彼らの秩序が乱れた瞬間、彼らは物差しを失って、全てを投げ捨てて擦りつけて逃げ出すのではないか、という気がする。


それを所謂、「平和ボケ」と言うのだろう。


まあ、私みたいな人間が指摘したところで、人生を順調に生きてきた「まとも」な人々には何も伝わらない。

それは、仕方のないことだけれど、虚しくも感じる。


今日はこんなところだ。

では、また。

言葉は、不便かもしれない。

あけましておめでとうございます。

今年もぼちぼち更新していきます。

よろしくお願いします。


最近、強く感じることは「言葉は不便」ということだ。


何と言うか、分かりやすく表現するのに便利な言葉は多くあるし、日本語は微妙な感じの違いを表せるし、豊かな言語とは思うのだが、そうではなくて。


もっと根本的なことで、シチュエーションや人それぞれが感じる状態によって、感情や様子は変わるもので。


「○○だから、嬉しい」とか「○○だから悲しい」とか、基本的な形はあれども、時に、全く逆の感情が同じくらいの強さで出てきたり、一般的な場面では想定出来ないような意外な感情になったり、ということがある。


多くの人がそうであっても、ある個人にとっては全く違う、ということがザラにあるのだ。


そうすると、それをぴったり表せる言葉というのはなかなか前例がないので自ら生み出すしかない。

そして上手く生み出せたとしても、それをきちんと汲んで解釈してもらえるか分からない。

だから、共感して汲んで、広めてくれる人が必要なのだと思う。


まあ、無理に広める必要もないのだが。


言葉は万能ではないし、同じ言葉でも場面によって全く逆の意味を持つことがある。

また、受け手の精神状態や知識、知能や立場によって、様々な解釈を生んでしまうこともある。


自分の頭の中にあったのに表現として取りこぼしてしまった部分が穴となって伝わらなかったり、どうしても言いたくなくて言えなかった部分が他に影響して、憶測を生んでしまったりする。


「みんな一緒」という前提は恐ろしいほどに、想像力を奪ってしまう。


背景やその人の個性をよく知ってから、言葉の意味を噛み砕いて考えなければならないのかもしれない。


賢い人はあまり多くを語らない、というのはそういうことなのだろう。


世の中に起こっていることについて、ひとつひとつじっくり考えてから言葉を発するとしたら、なかなか話せない。


まずよく聞いて、考えて、本当にその解釈は正しいのか自らに問い、そしてその解釈をどう伝えるかを考え、

その表現で伝わるかよく考えて、どこまで伝えるべきかを調整して、いつどこで誰に、どんな風に言うかを考え、やっと言葉になる。


だから、話すまでにとても時間がかかる。


ここまでしても、伝わるかどうかは五分五分だ。


言葉を操る人間の限界は、こんなものだ。


でも、この不便さを愉しむことが、生きることのひとつの意味なのかもしれない。


では、また。